0994-42-7830
対応時間
月~金 9:00~18:00 土 10:00~16:00
定休日
日・祝日

離婚した 親 の 相続/藤尾法律事務所

鹿屋市・曽於市で法律相談をするなら|藤尾法律事務所 > 相続に関するキーワード > 離婚した 親 の 相続

離婚した 親 の 相続

  • 異母兄弟がいる場合の相続|相続割合や揉めないための対策とは

    異母兄弟、すなわち、母が異なる兄弟姉妹がいるような場合、相続はどように行われ、どような点に注意をするべきなでしょうか。こような場合相続で注意すべき点に加え、相続割合で揉めないため対策についてご紹介します。 まず、注意すべきであるが、離婚した前妻は相続する権利を有さず、相続人にあたりませんが、一方で...

  • 慰謝料を請求できるケース

    婚姻生活において相手に与えられた精神的・肉体的苦痛を、金銭という形で表したも。それが、離婚における「慰謝料」です。離婚についてお悩み方は、一度は「慰謝料」という言葉が頭をよぎったことがあるではないでしょうか。しかし慰謝料は、離婚すれば必ず発生するわけではありません。以下にて、慰謝料が発生するケースをご説明い...

  • 財産分与とは

    離婚したいが、離婚後生活が金銭的に不安だ」。「離婚によって、今財産がほとんど失われてしまうではないか」。こように、金銭的なご不安を解消できず、離婚に踏み切ることができない方は決して少なくありません。そようなお悩みをお持ち方に、是非知っておいていただきたいが「財産分与」という制度です。 「財産分与」...

  • 婚姻費用分担請求とは

    「婚姻費用」とは、ご夫婦が婚姻生活を続けるために必要となる費用を指す言葉であり、生活費などがそ典型例です。「夫婦は互いを支え合う義務を負う」と法律に定められていることから、婚姻費用に関しても、夫婦収入に応じて他方生活に必要な費用も負担する義務があるとされています。そして、それは離婚協議中ご夫婦であっても変...

  • 養育費について

    離婚をお考え際、お子様をお持ち中には、「お子様と生活が金銭的に不安」というお悩みをお持ち方も少なくありません。そような方に、ぜひ知っておいていただきたいが「お子様養育費」に関する制度です。 「養育費」とは、お子様を監護・教育するために必要な費用を指す言葉です。具体的には、お子様と生活に必要な経...

  • 親権と監護権

    離婚をお考えうち、お子様をお持ち方にとっては、頭を悩ませる重大な問題となるが「権と監護権」問題です。権と監護権は、特別な事情がある場合を除き、そ両方をご両どちらか一人が受け持つことになります。そため、権を巡って双方意見がまとまらず、争いが発生することが多いです。 お子様権は、主に...

  • 離婚後の名字と戸籍

    離婚によって名字を改められた方や、お子様をお持ち方にとって、非常に重要となるが「名字と戸籍」をめぐる問題です。以下にて、まずは「離婚後名字」についてご説明いたします。 一般的には、離婚が成立した際、婚姻によって名字を改めた方は、婚姻前ご自分名字に戻ることになります。これを「復氏」と言います。ただし、離婚...

  • 相続人調査

    故人遺言書がある場合は、基本的にそ遺言書内容通りに相続を進めていくこととなります。遺言書がない場合は、遺産分割協議で決める相続分か、法律で定める相続分に従って相続を進めることとなります。民法では、相続人となる人順番とそ範囲が規定されています。これを「法定相続人」といいます。 まず、被相続配偶者は、常...

  • 家族信託の活用例

    ご両は、自身財産を用いて利益を得たり、相続納税資金を得るために財産を一部処分することを考えています。しかし、認知症などになってしまって、財産運用や処分ができなくなることに不安を覚えています。 ご両が年を取り、判断能力を失ってしまったら、ご両預貯金を引き出すことが困難となってしまいます。 そこで、ご...

  • 鹿屋市の遺産相続のご相談は弁護士へお任せください

    弁護士法人大隅広域ディフェンダー藤尾法律事務所では、相続に関する様々な業務を取り扱っております。 例えば、遺言。遺言作成方法や、そ効力などについてご相談を受けることが多くあります。遺言書は、そ方式が法定をされており、かかる方式に違反していれば、当該遺言は無効とされてしまいます。また、そ効力についても、基本...

  • 事業承継

    「2025年までに127万社中小企業が廃業する恐れがある。中小企業大廃業時代が来るということが新聞や経済誌などで盛んに言われています。 実際中小企業事業承継問題は大きな問題です。中小企業多くは経営者が高齢化してきているにもかかわらず、後継者が決まっていません。後継者が決まらずに、経営者身体に何かあればト...

  • 生前贈与のメリット・デメリット

    生前贈与とは、生前に子どもや孫など族に財産を贈与することをいいます。相続するよりも節税効果が見込める生前贈与ですが、メリットやデメリットにはどようなもがあるでしょうか。 ■メリット・相続税対策になる生前贈与は「贈与」であって、贈与税がかかります。一般に相続税より贈与税方が高額ですが、贈与税制度を上手...

  • 未払いの養育費の時効について

    離婚際には、権者は非権者に対し、子ども養育費を請求することができます。権をとれなかった非権者であっても、子ども扶養義務を免れることにはならず、子どもを育てていくため費用として養育費を支払わなくてはなりません。 ここで注意すべきこととして、養育費には時効があります。すなわち、未払い養育費を一定期間放...

  • 離婚が認められる理由とは

    離婚にお悩み中には、「協議離婚を成立させられる見込みがない」「法的な強制力がある手段で離婚を成立させたい」とお考え方も少なくありません。しかし、協議ではなく、調停や裁判において離婚を成立させるためには、法的に定められた「離婚事由」が必要となるです。 離婚事由に該当する事柄については、民法第770条におい...

  • 離婚の種類と手続き

    離婚を成立させる方法には、4つ種類が存在しており、手続きもそれぞれ異なります。 1つ目離婚方法は、「協議離婚」と呼ばれるもです。これは、ご夫婦が話し合いによって離婚を成立させる方法であり、日本離婚うち9割以上を占めるとされています。協議離婚においては、離婚事由がなかったとしても、当事者双方合意があれば...

  • 住宅ローンがあった場合の離婚

    数ある離婚問題中でも、とりわけ話し合いが複雑化しやすいが「住宅ローン問題」です。お住まい住宅にローンが残っている場合、事態がより複雑になってしまいます。なぜなら、ローン名義人方がそ住宅を受け継ぐならまだしも、ローン名義人ではない方が住宅を受け継ぎたい場合は、ローン返済をどうしていくべきかを決定してお...

  • 不貞行為

    婚姻中男女不倫、通称「不貞行為」は、DVなどと同様、離婚に至る主な原因1つだと言えます。 不貞行為は、法的に定められた離婚事由中に含まれています。つまり、不貞行為をした方が離婚を拒否したとしても、不貞行為を理由として、調停や裁判などによって離婚を成立させることができます。また、不貞行為があったと認められた...

  • DV被害と離婚

    近年、女性被害だけでなく、男性も被害に遭うケースが多く発生しており、社会的にもDV被害深刻性について広く知られるようになりました。婚姻生活中中には、今なおDVに悩んでいる方も決して少なくありません。身体的な暴力を受けるというDV被害他にも、暴言や無視などモラハラ行為が精神的DVに該当する可能性があ...

  • 遺言書の種類と効力

    死によって、相続が開始します(民法882条)。故人生前に仲良かった家族が、自分残した財産によって、相続争いを繰り広げ、骨肉争いをするは避けたいことです。遺言を残すことによって、家族間無用な争いを避けることができるという遺言特有メリットがあります。遺言には「自筆証書遺言」、「公正証書遺言」、そして...

  • 相続財産の調査

    故人財産がどれくらいあるかを把握しなければ、遺産分割や相続計算などを行うことができません。そため、相続発生からなるべく早く故人財産目録を作成しなければなりません。 財産目録には、被相続人が有していた土地や建物、預貯金や現金、株式など相続すれば財産上プラスとなる積極財産や、借金やローンなど相続すれば財...

  • 相続放棄のメリットとデメリット

    相続放棄最大メリットは、被相続借金などから解放される点にあるでしょう。相続財産には預貯金や不動産など相続すれば財産上プラスとなる積極財産みならず、借金やローンなど消極財産も含まれますで、もし負債ほうが多ければ、故人負債を背負わないといけません。被相続借金は法定相続分に従って相続されることとな...

  • 遺産分割協議とは

    相続財産が確定したら、複数相続うちだれがど財産を相続するかを決める必要があります。被相続人が、遺言で各自相続分を指定していた場合に行う遺産分割を「指定分割」といいます。遺言書中で、遺言執行者が指定されているときは、そ者が遺言内容実現に向けて、遺言を執行します。 また、相続人全員話し合いで遺産分割...

  • 遺留分とは

    遺言があれば、原則そ遺言に従って遺産が分割されますが、もし故人残した遺言が友人や愛人に自分全財産を譲るという突拍子もない内容だった場合、故人遺産が他人に渡ってしまったら、残された遺族は故人財産を相続することができずに、生活に困窮してしまうかもしれません。そこで、こような問題を解消し、遺族を守るために、...

  • 預金の使い込みがあったら(不当利得返還請求)

    相続預貯金を、相続人が勝手に引き出して費消することは多々あります。被相続生前に、相続人が勝手に預貯金を引き出した場合、被相続人はそ人に対して不法行為に基づく損害賠償請求・不当利得返還請求をすることができます。もし、こ請求をする前に被相続人が亡くなった場合、他相続方がこ請求をすることができます...

  • 成年後見制度とは

    精神疾患などによって判断能力を十分に備えていない人場合、そ預貯金や不動産など財産を管理したり、介護サービスを受けるため契約やそ法律行為をすることが難しくなります。こような人が相続人になる場合、適正に相続を進め、財産を管理したり、代わりに法律行為をするために、成年後見人を付けなければなりません。...

  • 不動産相続に必要な書類

    遺産分割協議が合意に至り、遺産分割協議書を作成した後は、各自が相続する相続財産名義を変更する必要があります。不動産場合は、所有権移転登記は特に重要です。不動産登記目的は、自己不動産所在地や面積、所有者を公示することで、権利関係を明らかにすることです。また、自己不動産を第三者に、登記をすることで「自...

  • 家族信託とは

    家族信託とは、高齢となった方が、自分財産から介護費用を支出してもらったり、自分財産管理を家族に任せることを家族信託といいます。 家族信託は、自分家族に財産管理などを任せるで、費用は掛かりません。また、家族信託は、被相続人が家族に財産を寄託するで、どように財産が使われるかを見届けることができます。

  • 損害賠償

    交通事故で被害者が加害者に損害賠償を請求する際にまず知っておくべきことは、損害賠償対象となる損害項目です。 ■財産的損害財産的損害は、財産上損害ともいわれ、「積極損害」と「消極損害」に分けられます。 ・積極損害積極損害とは、事故によって実際に出費または出費を予定している損害ことをいいます。 ・消極損害消極...

  • 自賠責保険と任意保険

    自賠責保険は車両1台ごとに加入義務があり、加入せずに自動車を運転すると1年以下懲役または50万円以下罰金が科されてしまいます。また、自賠責賠償限度額は3000万円とされています。 ■任意保険任意保険は自賠責を補う役割があります。自賠責は3000万円が限度額なため、被害者に3000万円を超える損害が生じた場...

  • 示談交渉のポイント

    ●示談交渉ポイント■示談とは交通事故が発生した場合、当事者同士で話し合い解決を図ることを示談といいます。示談は契約一種であり、示談成立後は基本的に内容を変更することはできない点には注意が必要です。 ■いつから示談交渉すべきか示談交渉開始をいつにするかは悩ましい問題になります。交渉は慎重を期する必要があります...

  • 過失割合

    過失割合認定が賠償額に直接的な影響を及ぼすことから、被害者と加害者で争いになりやすい問題であるといえます。 自賠責保険においては、被害者保護観点から、被害者に重過失がある場合にみ過失相殺が適用され、減額も裁判におけるもより制限されています。具体的には、被害者に7割以上過失が認められる場合に過失相殺されま...

  • 物損事故

    車など、物について損害が生じた事故ことを物損事故といいます。物損事故には自賠責保険適用がありませんで、任意保険がカバーすることになります。 ■物損事故財産的損害・修理費車が修理可能な場合は、「一部損」ともいわれますが、修理費相当額が賠償されます。もっとも、修理費が車両時価および買替費用合計額以上場合...

  • 人身事故

    ■人身事故財産的損害・積極損害人身事故積極損害として賠償されるもとしては診察料・入院料など「治療費」、入院中や通院付添看護に要した「付添看護費」、入通院ため「交通費」などが例として挙げられます。そほかにも入院中通信費や新聞代などは「入院雑費」としては1日1500円を基準として賠償されます。

  • 死亡事故

    2018年全国における交通事故死者数は3532人と、減少傾向にありますが、依然多い状況が続いています。また、高齢者割合は増加しており、未だに身近に起こり得る問題だと言えます。 ■死亡事故財産的損害・積極損害 死亡事故特有積極損害として挙げられるが「葬儀費用」です。葬儀費用として認められるは、火葬・埋...

  • 事前認定と被害者請求

    加害者請求は加害者が被害者に賠償金を支払った後に保険会社に請求する方法であり、被害者請求は「直接請求」とも呼ばれ、被害者が自賠責保険に対して直接賠償金支払いを求める方法になります。 ■事前認定と一括払い制度一括払い制度とは、任意保険会社が被害者に対して、自賠責保険から支払われる保険金分も含めて支払いを行う制度で...

  • 後遺障害の等級申請

    ●後遺障害等級申請■後遺障害とは後遺障害に医学的な定義はありませんが、法的には、交通事故によって身体に不具合が生じ、治療を適切に行っても改善が見込めず、障害が残存している状態を言います。後遺障害は、障害程度によって等級が定められており、「後遺障害等級」と言われています。 ■等級申請方法後遺障害等級申請は、...

  • 交通事故のトラブルを弁護士に依頼するメリット

    ●交通事故トラブルを弁護士に依頼するメリット 交通事故が発生した場合、多く法律問題が発生し、それぞれ専門的な知識がなければ損をしてしまう場面が生じます。例えば、後遺障害等級認定際に、医師作成する診断書内容によっては本来うけるべきもより低い等級が認定されてしまう可能性があります。また、加害者側任意保険...

  • 会社・法人破産の手続き

    会社事業見通しが立たなくなれば、破産手続を実行することになります。 破産手続は、破産法という法律によって定められています。こ法律目的は、債務超過に陥った会社財産を清算して、会社に関わる法律関係を処理し、会社に対して債権を有している者へ平等な財産配当を実現するという点にあります。 こ債権者を平等に扱う...

  • 相続法改正で変わった点やポイント

    今回相続法改正で変わったポイントは、大きく分けて4つです。以下、簡単にではありますが、概説していきます。 ①配偶者居住権創設配偶者居住権とは、被相続配偶者が、被相続遺産たる建物に、相続開始当時居住しており、遺産分割or遺贈によって配偶者居住権を取得した場合に、配偶者は、自分が死ぬまで、無償で当該建物に...

  • 配偶者居住権とは

    配偶者居住権とは、今回相続法改正によって新たに設けられた権利・規定です。詳述するに、そ要件は、①被相続配偶者が、②被相続遺産たる建物に、③相続開始当時居住しており、④遺産分割or遺贈によって配偶者居住権を取得すること、4つで、そ効果は、配偶者は、自分が死ぬまで、無償で当該建物に居住することができる...

  • 離婚の慰謝料計算~ケースごとに解説~

    夫婦財産は、通常どちらか一方単独名義になっている場合が多くなっています。そため、離婚をするにあたって、財産名義を有する配偶者から他方配偶者へ財産を分与する必要があり、これを財産分与といいます。こ「財産分与」に、慰謝料的な要素を持たせる場合もありますが、そうでない場合には別途慰謝料を請求する必要がありま...

  • W不倫で慰謝料請求するには

    W不倫とは、互いに配偶者がいる既婚者男女による不倫ことを指します。 W不倫をされた場合には、離婚に伴う夫へ慰謝料請求はもちろんこと、浮気相手へ慰謝料請求をすることも考えられます。ここまでは、通常離婚や不倫場合慰謝料請求と同様に考えることができます。 しかし、W不倫は、不倫をしている男女それぞれに配...

  • 休業損害

    仕事を休まざるをえないが、こ損害は請求することができるだろうか。「営業所を兼ねている自宅において、乗用車で物損事故を起こされてしまった。復旧するまで営業できないが、損失を補填してもらうことは可能だろうか。交通事故被害に遭われた方なかには、休業損害について、こようなお悩み方は少なくありません。こペ...

  • 自己破産すると奨学金の返済はどうなるか

    自己破産すると、奨学金返済はどうなるでしょうか。 自己破産手続きを行った場合、他借金と同じく、免責許可が下りれば奨学金返済義務はなくなります。 ただし、奨学金を借りる際には多く場合家族や戚などが連帯保証人になっていることに注意が必要です。奨学金をもらった人が自己破産をして返済義務がなくなったとしても...

  • 自己破産の復権とは

    債務整理一つである自己破産をした場合、破産手続き開始決定を受けた者は「破産者」となって、職業・資格に一定制約が生じてしまいます。しかしこ就業制限は、「復権」を受けることで解除され、再度そ職業に就くことが可能です。すなわち「復権」とは、破産手続開始によって喪失した権利・資格を復活させるもをいいます。では、...

  • 家族信託にはどんなメリット・デメリットがある?

    家族信託とは、自身で財産を管理することが困難となった場合に備え、家族にそ管理や処分を任せる制度を指します。具体的には、財産を保有している委託者が、そ管理を受託者に任せ、そ際に発生した利益を受益者が得る、という仕組みになっています。 そメリットには、以下3点があります。 1点目は、本人健康状態に関係なく...

  • モラハラする夫(妻)と離婚するには

    モラハラとは、モラル・ハラスメント略称であり、言葉や態度によって嫌がらせをする精神的な暴力を指します。モラハラ典型例としては、相手を貶める発言を繰り返す、小さなミスを執拗に責める、特に理由もなく無視をするといった行為が挙げられます。 昨今では、こモラハラをテーマに離婚が争われる事例も生じてきています。そ場...

  • 遺産争いなどの相続トラブル回避のために事前にできることとは

    相続が開始した時に、どような相続財産があるかがわからないと、そ手続きが滞る原因となってしまいます。 こような事態を防ぐ方法として、財産目録を作成して資産をリストアップしておくことが考えられます。財産目録には、所有している不動産や自動車、銀行口座、証券口座等を具体的に記載しましょう。また、相続では借金等...

  • 離婚時の親権の決め方|父親が勝ち取ることはできる?

    権とは、未成年子がいる場合に、そ子が成年して社会人となることができるように世話をして監護する「身上監護権」と、未成年財産を管理する「財産管理権」2種類ことをいいます。 民法第818条3項は、「権は、父母婚姻中は、父母が共同して行う。ただし、父母一方が権を行うことができないときは、他一方が...

  • 借金の減額

    リーマンショック以後、日本景気状況は大きく後退しました。そ影響が一因となり、借金に悩まれている方数は年々増加しているように思われます。 借金をしている方中には、切羽詰まって借入をされている方も多く、必死に返済をするも気が付けば首が回らなくなってしまっていたという話がよくあります。借金返済ために借金をする...

  • 債務整理とは

    法的手段を講じるなどして借金返済金額を少なくすることを「債務整理」といいます。 債務整理には、任意整理・個人再生・自己破産といった複数方法があり、借入している金額や収入など状況によって取るべき方法が異なります。よって、債務整理を検討する際は、まず借金状況を把握するところからスタートします。 借金が増えてし...

  • 任意整理とは

    任意整理とは、直接、消費者金融業者や銀行といった債権者と交渉をすることで、借金返済額を減額する債務整理方法となります。交渉が上手くまとまると、将来利息や遅延損害金支払が免除となるため、借金返済負担が軽減されます。 借金返済金額が少なくなることは債務者にとっては非常に大きなメリットとなります。しかし、交渉...

  • 個人再生とは

    個人再生は、裁判所を介して行う債務整理方法となります。具体的には、裁判所で手続きを踏むことで、すべて債務うち一部を返済免除として貰うことができ、残った債務を原則3年間で返済していくことになります。 こ手続きによって債務を大幅に減額することができます。いくら債務が減るかというには基準があり、例えば債務額が...

  • 自己破産

    自己破産は、裁判所で手続きを経て、すべて債務を免責(返済義務免除)して貰う債務整理方法となります。免責を受けることができれば、借金返済義務が免除されるため、実質的に借金がなくなることを意味します。 自己破産手続を行うと債務はなくなりますが、基本的に破産者名義資産も清算されることになります。そため、不...

  • 個人再生と自己破産の違い

    債務整理には複数方法が存在します。 そ中でも、裁判所を介して行う手続きになるが、個人再生と自己破産2つです。こ2つ方法は裁判所を介するという共通点を有していますが、違った点がいくつも存在します。 そもそも、個人再生は裁判所へ再生計画を提出し、そ計画案が認められれば大幅な債務圧縮を受け、残債務を計画...

  • 過払い金返還請求

    いま借金として抱えている債務中には、本当は返済する必要ないもが紛れ込んでいる可能性があります。そ代表的なもが「過払い金」です。 過払い金とは、利息制限法上限利率よりも高い利率で借金をしていた場合に発生します。本来、こ利息制限法を遵守して消費者金融業者などは貸付行為をしなくてはなりません。しかし、10...

  • 弁護士に借金問題を依頼するメリット

    法律専門家である弁護士に借金問題を依頼するメリットは、主に3つあります。 ①取立をストップすることができる弁護士に借金問題を依頼した場合一番メリットは、依頼した時点で金融業者等債権者から取立をストップすることができるという点です。 弁護士は、ご相談者様から依頼を受けた時点で、「受任通知」という文書を債権...

  • FXによる借金でも自己破産できるか

    巷に広がる噂によれば、FXや株など投機行為失敗によって生じた債務、すなわち借金は、自己破産しても、免除されない、とされているようです。 こ噂は、半分正しくて、半分間違っている、というが正解です(要は、正しくはないです)。すなわち、確かに、FXや株など投機行為失敗によって生じた債務は、破産法252条1...

  • どこから不貞行為になるか?

    「不貞行為」とは、婚約や夫婦、内縁関係にある男女どちらかが、配偶者以外異性と自由な意思に基づいて肉体関係を持つことを指します。法的な離婚理由であり、不法行為に当たって、慰謝料を請求することができます。 それでは、どこからが不貞行為だといえるでしょうか。 まず、肉体関係があることが条件となっています。したがっ...

  • 不倫の手切れ金

    支払わなかったとして、相手が裁判を起こしたとしても、裁判所が手切れ金を支払うよう命令することはできないです。 慰謝料とは、不法行為によって受けた精神的苦痛に対して支払われるお金です。しかし、不倫場合は、法的な被害者は既婚者配偶者であって、不倫関係にある者は不法行為共同行為者という加害者同士なで、不倫手...

  • 過失割合は誰が決めるのか

    「被害を受けた交通事故について、自分には全く非がないと思っていたが、8対2過失割合だと言われ、納得できないでいる。「追突事故に遭い、首を痛めて通院を続けている。過失割合は10対0だと思うが、どうすれば確かめられるだろうか。交通事故に遭われた方なかには、こように過失割合についてお悩みになる方が多くいらっしゃい...

  • 鹿屋市の交通事故に強い弁護士をお探しの方

    「交通事故に遭ってしまったが、相手方とどように交渉すればよいか分からない。「はたして、適切な額慰謝料を受け取ることができるだろうか。 交通事故被害者になった場合、どように対処すればよいか分からないといった方も少なくありません。そ際、弁護士に解決を依頼することで、被害者側には大きなメリットがもたらさ...

  • 交通事故の加害者に逸失利益を請求する流れ

    逸失利益とは、交通事故がなければ将来得られたであろう利益ことをいいます。交通事故により被害者が亡くなったり、後遺症を負ったりして働けなくなった場合、被害者は将来収入を失ったこととなりますから、そ賠償を請求することができます。 ■逸失利益請求流れ後遺障害による逸失利益を請求するには、まず、症状が固定される...

  • 別居中に不倫された場合、慰謝料請求はできる?

    夫婦には、配偶者以外人と性的関係を結ばない義務(貞操義務)があります。そして、一般に不貞行為は、平穏な婚姻生活を破壊する行為であり、配偶者に精神的苦痛を与えるもと評価されます。そため、不貞行為をした人は、原則的に、配偶者に対する損害賠償義務を負うことになります。こ賠償金ことを、慰謝料といいます。 ■夫婦...

当事務所が提供する基礎知識

  • 婚姻費用分担請求とは

    「婚姻費用」とは、ご夫婦が婚姻生活を続けるために必要となる費用を指す言葉であり、生活費などがその典型例です。「夫婦は互い...

  • DV被害と離婚

    「ドメスティックバイオレンス」、通称「DV」は、家庭内において行われる暴力行為を指す言葉です。近年、女性の被害だけでなく...

  • 別居中に不倫された場合、...

    ■不倫されれば原則的には慰謝料が発生する夫婦には、配偶者以外の人と性的関係を結ばない義務(貞操義務)があります。そして、...

  • 不動産相続に必要な書類

    遺産分割協議が合意に至り、遺産分割協議書を作成した後は、各自が相続する相続財産の名義を変更する必要があります。不動産の場...

  • 借金の減額

    リーマンショック以後、日本の景気状況は大きく後退しました。その影響が一因となり、借金に悩まれている方の数は年々増加してい...

  • 相続財産の調査

    故人の財産がどれくらいあるのかを把握しなければ、遺産分割や相続税の計算などを行うことができません。そのため、相続の発生か...

  • 不貞行為

    婚姻中の男女の不倫、通称「不貞行為」は、DVなどと同様、離婚に至る主な原因の1つだと言えます。 不貞行為は、法...

  • 過失割合は誰が決めるのか

    「被害を受けた交通事故について、自分には全く非がないと思っていたが、8対2の過失割合だと言われ、納得できないでいる。」「...

  • 遺産分割協議とは

    相続財産が確定したら、複数の相続人のうちだれがどの財産を相続するかを決める必要があります。被相続人が、遺言で各自の相続分...

  • 自己破産

    自己破産は、裁判所での手続きを経て、すべての債務を免責(返済義務の免除)して貰う債務整理の方法となります。免責を受けるこ...

よく検索されるキーワード

ページトップへ