0994-42-7830
対応時間
月~金 9:00~18:00 土 10:00~17:00
定休日
日・祝日

夫 不倫/藤尾法律事務所

鹿屋市・曽於市で法律相談をするなら|藤尾法律事務所 > 離婚に関するキーワード > 夫 不倫

夫 不倫

  • W不倫で慰謝料請求するには

    W不倫とは、互いに配偶者がいる既婚者の男女による不倫のことを指します。 W不倫をされた場合には、離婚に伴うへの慰謝料請求はもちろんのこと、浮気相手への慰謝料請求をすることも考えられます。ここまでは、通常の離婚や不倫の場合の慰謝料請求と同様に考えることができます。 しかし、W不倫は、不倫をしている男女それぞれに配...

  • どこから不貞行為になるか?

    「不貞行為」とは、婚約や婦、内縁関係にある男女のどちらかが、配偶者以外の異性と自由な意思に基づいて肉体関係を持つことを指します。法的な離婚理由であり、不法行為に当たって、慰謝料を請求することができます。 それでは、どこからが不貞行為だといえるのでしょうか。 まず、肉体関係があることが条件となっています。したがっ...

  • 離婚が認められる理由とは

    つまり、具体的な上記の4つの原因が存在していない場合であっても、ご婦に婚姻を継続し難い事情があれば、調停や裁判において離婚を成立させることができる可能性が高いと言えるでしょう。 弁護士法人大隅広域ディフェンダー藤尾法律事務所は、鹿児島県鹿屋市・志布志市・垂水市・曾於市・霧島市・肝付町・大崎町・東串良町・錦江町・...

  • 離婚の種類と手続き

    これは、ご婦が話し合いによって離婚を成立させる方法であり、日本の離婚のうち9割以上を占めるとされています。協議離婚においては、離婚事由がなかったとしても、当事者双方の合意があれば離婚を成立させることが可能です。調停や裁判を必要としないため、4つの種類のうち最も手軽な離婚方法であると言えます。 次に2つ目の離婚方...

  • 財産分与とは

    「財産分与」とは、婚姻生活中に婦で協力して築き上げた財産を、離婚の際、それぞれの貢献度に応じて分配することを指す言葉です。 この財産分与には、以下の3つの種類があります。1.これは、ご婦が婚姻中に築き上げた財産を、その貢献度に応じて分配するものであり、3つの分配方法のうち最もよく利用される方法です。この清算的...

  • 住宅ローンがあった場合の離婚

    住宅の売却価格がローン残額を上回った場合は、売却して得た金銭をご婦で分配することができます。これによって、財産分与をスムーズに行うことができます。一方で、売却価格がローン残額を下回ってしまった場合は、残ったローンをどちらが負担するべきかなど、ご婦で話し合うことが必要になるでしょう。 弁護士法人大隅広域ディフェ...

  • 婚姻費用分担請求とは

    「婚姻費用」とは、ご婦が婚姻生活を続けるために必要となる費用を指す言葉であり、生活費などがその典型例です。「婦は互いを支え合う義務を負う」と法律に定められていることから、婚姻費用に関しても、婦の収入に応じて他方の生活に必要な費用も負担する義務があるとされています。そして、それは離婚協議中のご婦であっても変...

  • 養育費について

    具体的な養育費の算定方法は、ご婦の収入と、未成年のお子様の人数によって、ある程度機械的に算出することができます。しかし、当事者同士で話し合う協議離婚や調停離婚の場合、算出された金額以上の金額を設定することもできます。弁護士にご相談の上、どれくらいの養育費を請求できるか、ご検討いただきたいと思います。 また、この...

  • 親権と監護権

    当事者のご婦だけでなく、お子様にとって後悔のない結論に辿り着くことができるよう、話し合いを重ねられることをおすすめいたします。 弁護士法人大隅広域ディフェンダー藤尾法律事務所は、鹿児島県鹿屋市・志布志市・垂水市・曾於市・霧島市・肝付町・大崎町・東串良町・錦江町・南大隅町、宮崎県都城市を中心に、離婚・相続・交通事...

  • 不貞行為

    婚姻中の男女の不倫、通称「不貞行為」は、DVなどと同様、離婚に至る主な原因の1つだと言えます。 不貞行為は、法的に定められた離婚事由の中に含まれています。つまり、不貞行為をした方が離婚を拒否したとしても、不貞行為を理由として、調停や裁判などによって離婚を成立させることができます。また、不貞行為があったと認められた...

  • DV被害と離婚

    また、ご婦間においても、同意のない性行為は性的DVと認定される可能性があります。そして、DV被害者の方の中には、「原因は自身にある」「自身は被害者とは言えない」など、ご自身の現状を正しく認識できていない方も少なくありません。まずは、ご自身がDVの被害を受けているのか否かを客観的にご確認いただき、被害の証拠や程度...

  • 相続人調査

    ただし、内縁の妻やは相続人にはなれません。配偶者以外にも親族がいる場合は、「子」「直系尊属(父親や母親、祖父母)」「兄弟姉妹」の順番に相続人となります。 ◆第一順位「子」「子」は年齢に関係なく相続人となります。ここで言う子は実子・養子の別を問いません。また、被相続人が亡くなった時に胎児であった子は、出生後に相続...

  • 借金の減額

    妻やという最も身近な人間に対しても、借金の問題は相談し難いものです。だからこそ、弁護士などの法律の専門家が活躍するのです。 借金は法的手段を講じることで減額することができます。その手続きの進行をサポートする存在が弁護士です。借金を減額するために適切な手段を講じ、新たな人生の再スタートをきりましょう。 弁護士法人...

  • 会社・法人破産の手続き

    ただし、法人の破産手続だからといって、何か特別なプロセスがある訳ではないため、そこまで大きな負担になると考えなくても大丈です。 破産の申立は代表者が法人の名前で行います。取締役会など、解散に関わる社内規定に則した形で決議を採択し、法人として自己破産を申立てましょう。 弁護士法人大隅広域ディフェンダー藤尾法律事務...

  • 弁護士に借金問題を依頼するメリット

    こうした工によって、自身で自己破産手続をする場合よりも免責許可決定を得られる可能性が高まるのです。 弁護士法人大隅広域ディフェンダー藤尾法律事務所は、鹿児島県鹿屋市・志布志市・垂水市・曾於市・霧島市・肝付町・大崎町・東串良町・錦江町・南大隅町、宮崎県都城市を中心に、皆さまからのご相談を承っております。借金問題で...

  • 離婚の慰謝料計算~ケースごとに解説~

    婦の財産は、通常どちらか一方の単独名義になっている場合が多くなっています。そのため、離婚をするにあたって、財産の名義を有する配偶者から他方の配偶者へ財産を分与する必要があり、これを財産分与といいます。この「財産分与」に、慰謝料的な要素を持たせる場合もありますが、そうでない場合には別途慰謝料を請求する必要がありま...

  • 休業損害

    休業損害を請求できるのは会社員の方に限られると思われるかもしれませんが、専業主婦(主)の方や学生の方も請求することが認められています。 弁護士法人大隅広域ディフェンダー藤尾法律事務所は、鹿児島県鹿屋市・志布志市・垂水市・曾於市・霧島市・肝付町・大崎町・東串良町・錦江町・南大隅町、宮崎県都城市を中心に、離婚・相続...

  • 不倫の手切れ金

    不倫関係を解消する場合、不倫相手に手切れ金を要求されることがあります。不倫は公序良俗に反するため、関係が解消される際に、法的な保護を受けることはできません。したがって、手切れ金を支払うべき法的根拠は存在しません。支払わなかったとして、相手が裁判を起こしたとしても、裁判所が手切れ金を支払うよう命令することはできない...

当事務所が提供する基礎知識

  • 損害賠償

    ●損害賠償交通事故で被害者が加害者に損害賠償を請求する際にまず知っておくべきことは、損害賠償の対象となる損害の項目です。...

  • 家族信託の活用例

    ご両親は、自身の財産を用いて利益を得たり、相続税の納税資金を得るために財産を一部処分することを考えています。しかし、認知...

  • 家族信託にはどんなメリッ...

    家族信託とは、自身で財産を管理することが困難となった場合に備え、家族にその管理や処分を任せる制度を指します。具体的には、...

  • 人身事故

    ●人身事故人身事故とは、交通事故において物的損害にとどまらず人身損害が生じた場合をいいます。 ■人身事故の財産...

  • 個人再生とは

    個人再生は、裁判所を介して行う債務整理の方法となります。具体的には、裁判所で手続きを踏むことで、すべての債務のうち一部を...

  • 離婚後の名字と戸籍

    離婚によって名字を改められた方や、お子様をお持ちの方にとって、非常に重要となるのが「名字と戸籍」をめぐる問題です。以下に...

  • 家族信託とは

    家族信託とは、高齢となった方が、自分の財産から介護費用を支出してもらったり、自分の財産の管理を家族に任せることを家族信託...

  • 債務整理とは

    法的手段を講じるなどして借金の返済金額を少なくすることを「債務整理」といいます。 債務整理には、任意整理・個人...

  • FXによる借金でも自己破...

    巷に広がる噂によれば、FXや株などの投機行為の失敗によって生じた債務、すなわち借金は、自己破産しても、免除されない、とさ...

  • 過失割合は誰が決めるのか

    「被害を受けた交通事故について、自分には全く非がないと思っていたが、8対2の過失割合だと言われ、納得できないでいる。」「...

よく検索されるキーワード

ページトップへ