0994-42-7830
対応時間
月~金 9:00~18:00 土 10:00~16:00
定休日
日・祝日

会社 倒産/藤尾法律事務所

鹿屋市・曽於市で法律相談をするなら|藤尾法律事務所 > 借金問題に関するキーワード > 会社 倒産

会社 倒産

  • 事前認定と被害者請求

    加害者請求は加害者が被害者に賠償金を支払った後に保険会社に請求する方法であり、被害者請求は「直接請求」とも呼ばれ、被害者が自賠責保険に対して直接賠償金の支払いを求める方法になります。 ■事前認定と一括払い制度一括払い制度とは、任意保険会社が被害者に対して、自賠責保険から支払われる保険金分も含めて支払いを行う制度で...

  • 交通事故のトラブルを弁護士に依頼するメリット

    また、加害者側の任意保険会社との示談交渉では、「任意保険基準」といって、裁判で認められる額よりも低い基準で交渉を行うことになっています。 交通事故のトラブルを弁護士に依頼することで、得られるメリットは、専門家が介入することでこれらの損を防ぐことができる点にあります。上記の後遺障害の例では、医師に適切な等級認定を受...

  • 債務整理とは

    お金の借入先は、銀行や信販会社(クレジットカード会社)、消費者金融など数多く存在します。いろいろな所から借入をしている方もいらっしゃるとは思いますが、自分がどこから、どれだけの金額を借りているのか具体的に把握するように努めましょう。 そして、各債権者(借入先)の債務額を把握した後には、自分がどのように借金を返済し...

  • 会社・法人破産の手続き

    会社の事業の見通しが立たなくなれば、破産手続を実行することになります。 破産手続は、破産法という法律によって定められています。この法律の目的は、債務超過に陥った会社の財産を清算して、会社に関わる法律関係を処理し、会社に対して債権を有している者へ平等な財産の配当を実現するという点にあります。 この債権者を平等に扱う...

  • 休業損害

    休業損害を請求できるのは会社員の方に限られると思われるかもしれませんが、専業主婦(主夫)の方や学生の方も請求することが認められています。 鹿児島県鹿屋市にある藤尾法律事務所は、鹿児島県鹿屋市・志布志市・垂水市・曾於市・霧島市・肝付町・大崎町・東串良町・錦江町・南大隅町、宮崎県都城市を中心に、離婚・相続...

  • 事業承継

    会社の経営は誰がするのか、資産はどのように引き継ぐのか。これらのことを早いうちに決めておかなければ、後々問題となる可能性があります。 事業承継には様々な方法があります。まず検討すべきは後継者を誰にするかです。家族が引き継ぐ親族承継や従業員が引き継ぐ従業員承継では、経営者の信頼がおける人物に事業承継を行うことができ...

当事務所が提供する基礎知識

  • モラハラする夫(妻)と離...

    モラハラとは、モラル・ハラスメントの略称であり、言葉や態度によって嫌がらせをする精神的な暴力を指します。モラハラの典型例...

  • 相続人調査

    故人の遺言書がある場合は、基本的にその遺言書の内容通りに相続を進めていくこととなります。遺言書がない場合は、遺産分割協議...

  • 離婚調停が不成立になった...

     離婚について、当事者間での離婚協議がまとまらない場合には、裁判所において離婚調停(夫婦関係調整調停申立て)を行い、離婚...

  • 遺留分とは

    遺言があれば、原則その遺言に従って遺産が分割されますが、もし故人の残した遺言が友人や愛人に自分の全財産を譲るという突拍子...

  • 自己破産すると奨学金の返...

    自己破産すると、奨学金の返済はどうなるのでしょうか。 自己破産手続きを行った場合、他の借金と同じく、免責の許可...

  • 交通事故のトラブルを弁護...

    ●交通事故のトラブルを弁護士に依頼するメリット 交通事故が発生した場合、多くの法律問題が発生し、それぞれ専門的...

  • 住宅ローンがあった場合の...

    数ある離婚問題の中でも、とりわけ話し合いが複雑化しやすいのが「住宅ローン問題」です。お住まいの住宅にローンが残っている場...

  • 相続放棄のメリットとデメ...

    相続放棄の最大のメリットは、被相続人の借金などから解放される点にあるでしょう。相続財産には預貯金や不動産など相続すれば財...

  • 養育費について

    離婚をお考えの際、お子様をお持ちの方の中には、「お子様との生活が金銭的に不安」というお悩みをお持ちの方も少なくありません...

  • 離婚が認められる理由とは

    離婚にお悩みの方の中には、「協議離婚を成立させられる見込みがない」「法的な強制力がある手段で離婚を成立させたい」とお考え...

よく検索されるキーワード

ページトップへ