0994-42-7830
対応時間
月~金 9:00~18:00 土 10:00~16:00
定休日
日・祝日

鹿屋市の交通事故に強い弁護士をお探しの方/藤尾法律事務所

鹿屋市・曽於市で法律相談をするなら|藤尾法律事務所 > 交通事故 > 鹿屋市の交通事故に強い弁護士をお探しの方

鹿屋市の交通事故に強い弁護士をお探しの方

「交通事故に遭ってしまったが、相手方とどのように交渉すればよいのか分からない。」
「はたして、適切な額の慰謝料を受け取ることができるのだろうか。」

 

交通事故の被害者になった場合、どのように対処すればよいのか分からないといった方も少なくありません。
その際、弁護士に解決を依頼することで、被害者側には大きなメリットがもたらされます。
本ページでは、交通事故の被害者が弁護士に相談することによって得られるメリットを、精神的・金銭的といった2つの観点から紹介します。

 

精神的なメリットとしては、相手方との交渉を弁護士に一任することにより、被害者の精神的な負担が軽減することが挙げられます。
交通事故の発生後、被害者は加害者、もしくは加入している保険会社と交渉を行うことになります。
仕事や治療の合間に被害者自身で交渉を行う負担は大きく、保険会社側も支払う治療費や慰謝料を安く抑えたいため、交渉の主導権を握ることで被害者側が不利に話が進む場合もあります。
しかし、弁護士が代わりに交渉を行うことで、被害者側が抱えるこれらの精神的な負担は減少し、仕事や治療に専念することができます。
また、弁護士の主張を拒否したことによる裁判への発展を警戒することから、被害者自身が交渉するよりも相手側の態度が軟化することで、被害者側の主張が通りやすくなることもあるのです。

 

金銭的なメリットとしては、慰謝料の増額を見込めることが挙げられます。
加害者側が支払う慰謝料の算定基準は、「自賠責基準」「任意保険基準」「弁護士基準」の3種類です。
自賠責基準は、自動車やバイクの購入時に法律で加入が義務付けられている自動車損害賠償責任保険による基準を指します。

この保険は最低限の補償を目的とするため、3つの基準の中では最も低額となります。
任意保険基準は、加害者が加入している保険会社側の算定基準を指します。
こちらの基準は、保険会社の利益が損なわれていないことが念頭に置かれているため、自賠責基準とほぼ変わらない金額となることも少なくありません。
弁護士基準は、過去の判例をもとに算出される基準を指します。
この基準は、保険会社が提示してくる示談金額よりも高い基準を用いており、慰謝料の算出額が高額になるとされています。
弁護士に交渉を依頼した場合には、この基準に則って交渉を進めていくことになり、保険会社からの提示額に対してより多くの慰謝料の獲得を目指していくことになります。保険会社は全国規模での膨大な交通事故案件での情報を下に自社基準と称する基準で算出した金額でしか対応をしようとはしません。そこのハードルを越えて取るべき慰謝料額の獲得を目指すには、やはり請求する側も専門的知見を備えた弁護士が代理人となって対応する必要が生じてきます。

 

交通事故に遭った際、交通事故に精通した弁護士に解決を依頼することで、大きな助けを得られることになります。
鹿屋市の交通事故の案件を多く手掛ける弁護士をお探しの方は、ぜひ鹿児島県鹿屋市にある藤尾法律事務所にご相談ください。

 

鹿児島県鹿屋市にある藤尾法律事務所は、皆様からご相談を承っております。
さまざまな法律問題でお悩みの方は、どうぞお気軽にご相談ください。
お待ちしております。

当事務所が提供する基礎知識

  • 死亡事故

    ●死亡事故2018年の全国における交通事故の死者数は3532人と、減少傾向にありますが、依然多い状況が続いています。また...

  • 慰謝料を請求できるケース

    婚姻生活において相手に与えられた精神的・肉体的苦痛を、金銭という形で表したもの。それが、離婚における「慰謝料」です。離婚...

  • 養育費の取り決めを公正証...

    離婚協議において養育費を確定した場合には、公正証書にて養育費についての事項を記載しておくことをおすすめしています。養育費...

  • 家族信託の活用例

    ご両親は、自身の財産を用いて利益を得たり、相続税の納税資金を得るために財産を一部処分することを考えています。しかし、認知...

  • 過失割合

    ●過失割合交通事故で損害賠償請求をする際に、被害者にも過失があるとして賠償額が少なくなる場合があります。過失割合の認定が...

  • 損害賠償

    ●損害賠償交通事故で被害者が加害者に損害賠償を請求する際にまず知っておくべきことは、損害賠償の対象となる損害の項目です。...

  • 所在等不明共有者の不動産...

    不動産を複数人で相続したり、共同購入したりした場合、不動産は共有状態にあります。このような場合において、不動産の管理行為...

  • 借金の減額

    リーマンショック以後、日本の景気状況は大きく後退しました。その影響が一因となり、借金に悩まれている方の数は年々増加してい...

  • 個人再生とは

    個人再生は、裁判所を介して行う債務整理の方法となります。具体的には、裁判所で手続きを踏むことで、すべての債務のうち一部を...

  • 預金の使い込みがあったら...

    被相続人の預貯金を、相続人が勝手に引き出して費消することは多々あります。被相続人の生前に、相続人が勝手に預貯金を引き出し...

よく検索されるキーワード

ページトップへ